不動産登記を行う

不動産登記にをするには

トップ / 不動産登記にをするには

自分で行う不動産登記

住宅を購入すると必ずしなければならないのは、不動産の登記です。種類としては、土地を買った場合には、土地の所有権移転登記、新築するためにもともとあった建物を壊した場合は滅失登記があり、住宅ローンを組んだ場合には抵当権設定登記や抵当権抹消登記、新築を建てた場合には建物の表題登記やその所有者を証明する所有権保存登記などがあります。これら登記の申請書は、不動産登記法にのっとって作成されなければなりません。専門の知識をもつ司法書士が委託されて行うことが多いですが、各登記所には相談員がいるので、登記にかかる費用を節約をしたい人は、自分ですることもできます。

不動産登記法とは何なのか

不動産登記法とは登記に関する手続きについて定められた法律。従来のものは2004年に全部が改正されて、2005年には筆界特定制度が新規に設けられた。まず土地や建物は現況を表示するために土地家屋調査士などが隣地境界線など確認するために関係者立会いのもと、場合によっては測量などを行ってから表示登記を代理して行う。そして売買されたもので所有者が変わった時には誰の所有のものかを特定するために司法書士などが所有権移転登記や保存登記、その他を代理して行う。これは第三者を保護して不動産取引の安全と円滑が図られることを目的になされる。

不動産投資に関する情報

© Copyright 利益の出る不動産投資. All rights reserved.