安全なマンション

マンションの低層階が安心

トップ / マンションの低層階が安心

築浅さが魅力の新築マンション

中古マンションと新築マンションの違いは、何と言っても築年数の差です。中古のマンションの場合には、築年数が10年や20年、中には30年を超えるような物件もありますが、新築のマンションの場合ですと1年にも満たないわけですから、すべてが新しい環境の中で生活していくことができます。ですから、すでに中古マンションを購入して生活をしている人は、あまり年数が経過してしまう前に売却をして新築のマンションを購入するのも良いものです。

不動産投資に関する情報

© Copyright 利益の出る不動産投資. All rights reserved.