希望にあった不動産

不動産の物件関する情報

トップ / 不動産の物件関する情報

不動産の用途地域について

不動産物件を探しているときに、物件詳細の中に、用途地域という項目があります。用途地域とは、どのような用途に土地を利用できるのかという意味で理解して構いませんが、暮らしやすさを判断する目安としても利用できます。用途地域が第二種低層住居になっている不動産は、住宅の高さが10メートル、もしくは12メートルと規定されています。都市計画による規定であり、絶対高さの制限と呼ばれています。第二種低層住居であれば、将来的に高層マンションの建設が始まる心配がありません。現在の環境がこれからも継続しやすいということです。

マンションを好むお年寄りは多い

最近、高齢になる前に、一戸建てからマンションへ住み変える中高齢者が増えているようで、戸建の持家をバリアフリー仕様にリフォームするよりもはるかに安上がりだと、住み慣れた家を売って入居される方が目立つようになってきました。若い頃であれば何でもなかった階段も、年を取ると足が上がりにくくなってしまうので、毎日の上り下りはかなり体にも負担がかかります。落下や転倒の危険性も高く、年を取って骨がもろくなった状態でけがをすると、思わぬ重症となります。マンションがより安全といえるでしょう。

不動産投資に関する情報

© Copyright 利益の出る不動産投資. All rights reserved.